東京で任意整理・過払い金のご相談なら

中野区、杉並区、世田谷区、練馬区など東京近郊で債務整理なら、東京国際司法書士事務所『中野債務整理手続きセンター』までご相談ください。借金問題の専門家で、今まで5000人以上の相談を受け、解決してきた司法書士が任意整理・過払い金請求・自己破産・個人再生など親切丁寧にご相談承ります。中野区を中心に、杉並区、練馬区、世田谷区など東京都内や全国どこでもお伺いすることも可能です。どうぞお気軽にお問合せください。
(業務エリア 東京の中野区,杉並区,世田谷区,練馬区を中心に全国対応)

相談無料,着手金なし,減額報酬0円

03-6382-6658

債務整理、任意整理、過払い金請求、自己破産などの
借金問題解決の無料相談は中野債務整理手続きセンター
サイト運営元:東京国際司法書士事務所
東京都中野区中野3-39-9 倉田ビル1階
JR中央線・総武線・東京メトロ東西線 中野駅南口徒歩2分
無料相談の受付時間 10:00~19:00
E-mail : info@tokyo-intl.com(24時間受付)

アイフルの債務整理方法

アイフルの基本情報

アイフルとは、アイフル株式会社のことです。

キャッシング利用する方の大半はアイフルで借入れしている、というほど、ほとんどの債務者が借りている業者でしたが、現在はアイフルマスターカードといってショッピング機能がついたアイフルカードができましたので、キャッシングだけでなくショッピング利用もアイフルを利用しているという方が多くなりました。

また、女性限定のデザインカードを発行したり、女性専用ダイヤルを開設するなど、女性向けのサービスも展開して、より身近に感じられるようになった会社です。

その他、アイフルは、他大手消費者金融が続々と銀行と手を組むなかで、唯一どの銀行下にも属さない消費者金融です。そのため、融資をするうえで、審査が比較的甘いと言われています(あくまで噂です・・・)。

なお、平成21年12月に事業再生ADR手続き(簡単に言えば、企業の債務整理)をしている会社となり、上記のとおり銀行下にもない会社のため、他の消費者金融と比較して資金繰り面から不安定な会社とも言えます。

アイフルの本社は、京都府京都市下京区にあります。

アイフルの債務整理・過払い金請求について

アイフルは、債務整理手続きを進める場合、交渉は比較的スムーズです。

任意整理手続きの場合、将来利息のカット(任意整理後の利息を0%にすること)はほとんどのケースで可能となります。また、当事務所での交渉状況からすると、長期間滞納をしていたとしても、取引期間が短期であったとしても、変わらず将来利息のカットに応じてくれます。

分割返済の回数に関しては、原則60回が最長となります。

なお、以前は応じてくれた遅延損害金のカットについて、現状カットはできないケースが多くなっています。そのため、専門家が介入した場合においても、和解契約を結ぶまでの利息を付加して返済しなければならないケースが多くなっています(状況に応じてカットしてもらえるケースもあります)。

 

アイフルへの過払金請求についてですが、冒頭で記載したADRの影響もあり、返還状況は厳しくなっています。

平成30年4月現在、交渉のみでは、過払金額の5割の返還も渋るようになっています。

金額が少額であれば5割に応じてもらえるケースもありますが、2~4割で提案されることが多くなります。それ以上の金額を返還してもらう場合、裁判をおこして争う必要があります。

専門家に依頼する場合、裁判へと進んだ場合、多くの場合で追加費用がかかりますので、その金額にも見合う過払金額があるようであれば、裁判手続きを進めてもらう方がよいでしょう。

 

ただし、裁判となれば、その分長期戦(半年~1年程度)となりますので、「時間がかかってもより多くの過払金を手にしたい!」という方は裁判へと手続きを進めて、「時間はかけず早く少しでも過払金を返してほしい」という方は裁判をせずに、数か月以内に最大限返してもらえる金額で応じることになります。

 

なお、もし以前の取引で過払金があって、かつ現在も借金が残る方の場合は、借金から過払金額を相殺して、それでも残ってしまった借金の分割払いまたは一括払いが必要です。もし過払金の方が多ければその差額を現金で返還してもらいますが、その金額の大小によっては、「債権債務なし」=過払金返金はしない、と提案されるケースもあります。

 

ちなみに、過払金を相殺してもらっても借金が残ってしまう場合、いわゆるブラックリストに債務整理をしたと登録がなされますので、その点ご注意ください。

 

アイフルについては、任意整理の交渉が長引いたりすることはほとんどありませんが、和解までの時間が長くなると、無駄な遅延損害金を付加されてしまいます。また、借りパク(借りた後一度も返していない)や取引期間が短期の方の場合、その点を指摘され、できるだけ短い返済期間で和解したいと迫られることもあります。そのため、任意整理をする場合でも、なるべく早く和解できるように進める必要がある会社となります。

なお、アイフルで利用したショッピング分の借金も、キャッシング分と同様に、将来利息のカットをしてもらうことができますので、リボ払いにして月々の返済額を抑えて返済していくよりは、任意整理手続きを進めて、将来利息を0%にしてもらう方が、完済までの期間はぐっと短縮できます。

アイフルのまとめ

将来利息のカット

分割返済の可能回数 過払金請求の可否 アイフルの特徴

※ただし和解日までの利息は

付加されることがある

原則最長

60回

平成19年

より前の

取引があれば可能性有。

任意整理であれば比較的交渉はしやすいが、過払金返還請求は状況に応じ裁判が必要

アイフルの債務整理・過払い金請求の無料相談はこちら

アイフルカードの利用方法を含む債務整理任意整理過払い金請求自己破産についてなど、疑問やお悩みなどございましたら、どんなことでも構いませんのでお電話もしくは無料相談フォームからお気軽にご連絡ください。

債務整理の専門家である司法書士がお答えいたします。

相談料は無料ですので、どうぞ安心してご相談ください。

▼▼お電話でのご相談はこちら▼▼

03-6382-6658

受付時間:10:00~19:00

事務所名:東京国際司法書士事務所

担    当:鈴木(すずき)

ご連絡先はこちら

債務整理,任意整理,過払い金請求,自己破産など借金問題解決の無料相談は中野債務整理手続きセンターまで
〈サイト運営元〉
東京国際司法書士事務所
東京都中野区中野3-39-9
倉田ビル1階
JR中央線・総武線・東京メトロ東西線 中野駅南口徒歩2分
03-6382−6658
受付時間 10:00~19:00

代表司法書士の鈴木敏弘です。お客様の立場にたって親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。

主な業務地域

中野債務整理手続きセンターでは中野区、杉並区、世田谷区、練馬区など東京23区を中心に東京全域、そして埼玉県、千葉県、神奈川県を含む首都圏や全国どこでも無料相談の対応をいたします。