東京で任意整理・過払い金のご相談なら

中野区、杉並区、世田谷区、練馬区など東京近郊で債務整理なら、東京国際司法書士事務所『中野債務整理手続きセンター』までご相談ください。借金問題の専門家で、今まで5000人以上の相談を受け、解決してきた司法書士が任意整理・過払い金請求・自己破産・個人再生など親切丁寧にご相談承ります。中野区を中心に、杉並区、練馬区、世田谷区など東京都内や全国どこでもお伺いすることも可能です。どうぞお気軽にお問合せください。
(業務エリア 東京の中野区,杉並区,世田谷区,練馬区を中心に全国対応)

▼お気軽にお問い合わせください

03-6382-6658

債務整理、任意整理、過払い金請求、自己破産などの
借金問題解決の無料相談は中野債務整理手続きセンター
サイト運営元:東京国際司法書士事務所
東京都中野区中野3-39-9 倉田ビル1階
JR中央線・総武線・東京メトロ東西線 中野駅南口徒歩2分
無料相談の受付時間 10:00~19:00
E-mail : info@tokyo-intl.com(24時間受付)

借金がチャラになる!?借金の時効援用とは?

犯人が捕まることなく所定の期間が過ぎたら刑事事件の時効が成立する、ということはご存知の方が多いかと思いますが、実は借金にも時効というものがあり、所定の期間を過ぎると「借金をなかったこと」にできるのです。

これは債権の消滅時効といって「一定の期間、権利を行使しない(借金の請求をしない)と権利関係(お金を返してもらう権利、お金を返す義務)が消滅する」という法律で定められたルールなのです。

 

「最後の取引もしくは返済日から」下記の所定の期間、一切支払いをせず、催促も裁判所からの書類も届いていなかれば時効が援用できる可能性があります。

 

★時効の期間

●相手が銀行や企業(消費者金融・カード会社・信販会社等)・・・・5年

●相手が個人もしくは営利目的としてない機関や法人(信用金庫・奨学金等)・・・・10年

 

※相手がお金を貸すことを「商売」としているか(=商取引かどうか)で時効の期間が異なります。

では、時効の「援用」とはどのようにすればよいのでしょうか?

10年前に消費者金融A社から100万円を借金したが、7年前を最後に返済しておらず、住所や電話番号等も変更していたため催促の書面や裁判所からの書面が届くこともなく今に至るというケースの場合。

5年以上経過しているので自動的に時効となり借金が消えるのか、と言えばそうではありません。

消滅時効を援用する場合は、相手のA社に対して時効援用の意思表示をする必要があるのです。この意思表示は、通常、内容証明郵便で相手へ通知します。

内容証明郵便で時効援用の通知後、相手から時効についての反論(時効が成立してない言い分)がなかった場合は時効成立となり、お金を返す義務が消滅します。

 

なお、ご本人があまり覚えておらず、実は既に裁判手続きを起こされていて判決が確定されているというケースもあります。

判決が確定した場合の時効は10年となりますので、判決確定から10年が経過しておらず、返しきれない額の借金が残っている場合は、任意整理や自己破産を検討する必要があります。

 

借金の時効が成立しているかどうかの判断は法律的知識が求められるため、長年放置をしている借金がある場合、まずは専門家に時効援用の相談されることをおすすめします。

お問い合わせ・ご相談はこちら

《着手金ゼロ・相談料無料・予約制・完全個室で秘密厳守》

債務整理任意整理過払い金請求自己破産について、疑問やお悩みなどございましたら、どんなことでも構いませんのでお電話もしくは無料相談フォームからお気軽にご連絡ください。

債務整理の専門家である司法書士がお答えいたします。

相談料は無料ですので、どうぞ安心してご相談ください。

▼▼お電話でのご相談はこちら▼▼

03-6382-6658

受付時間:10:00~19:00

事務所名:東京国際司法書士事務所

担    当:鈴木(すずき)

ご連絡先はこちら

債務整理,任意整理,過払い金請求,自己破産など借金問題解決の無料相談は中野債務整理手続きセンターまで
〈サイト運営元〉
東京国際司法書士事務所
東京都中野区中野3-39-9
倉田ビル1階
JR中央線・総武線・東京メトロ東西線 中野駅南口徒歩2分
03-6382−6658
受付時間 10:00~19:00

代表司法書士の鈴木敏弘です。お客様の立場にたって親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。

主な業務地域

中野債務整理手続きセンターでは中野区、杉並区、世田谷区、練馬区など東京23区を中心に東京全域、そして埼玉県、千葉県、神奈川県を含む首都圏や全国どこでも無料相談の対応をいたします。