東京で任意整理・過払い金のご相談なら

中野区、杉並区、世田谷区、練馬区など東京近郊で債務整理なら、東京国際司法書士事務所『中野債務整理手続きセンター』までご相談ください。借金問題の専門家で、今まで5000人以上の相談を受け、解決してきた司法書士が任意整理・過払い金請求・自己破産・個人再生など親切丁寧にご相談承ります。中野区を中心に、杉並区、練馬区、世田谷区など東京都内や全国どこでもお伺いすることも可能です。どうぞお気軽にお問合せください。
(業務エリア 東京の中野区,杉並区,世田谷区,練馬区を中心に全国対応)

相談無料,着手金なし,減額報酬0円

03-6382-6658

債務整理、任意整理、過払い金請求、自己破産などの
借金問題解決の無料相談は中野債務整理手続きセンター
サイト運営元:東京国際司法書士事務所
東京都中野区中野3-39-9 倉田ビル1階
JR中央線・総武線・東京メトロ東西線 中野駅南口徒歩2分
無料相談の受付時間 10:00~19:00
E-mail : info@tokyo-intl.com(24時間受付)

自己破産の同時廃止と管財事件の違い

自己破産をしようと考えたときに、手続き内容や費用が大きく違う2つの手続きがあります。それが、同時廃止と管財事件です。

ここでは、この「同時廃止」、「管財事件」とは何なのか、ご説明いたします。

【管財事件】について

財産(生活する上で最低限必要な物は除かれます)を持っている場合や免責不許可事由に該当する場合、この「管財事件」という手続きになります。

免責不許可事由とは、その人が自己破産をするに値するのかどうか裁判所が審査するための項目のことを言い、不許可となる事由はたくさんありますが、浪費やギャンブルで多額の借金を負った場合などはこれにあたります。

管財人と呼ばれる人が借主の財産について調査を行い、財産があれば調査後に貸金業者へ配当します。

そのため手続きに1年以上という長い時間かかることもあり、費用(※)も最低50万と高くなります。

(※)実費のことです。

少額管財事件

一部の地方裁判所で自己破産の手続きを行う場合は、「少額管財事件」という手続きになることがあります。

管財人がこの「管財事件」は短い期間で終わるだろうと判断した場合に扱われるので、通常の「管財事件」と比べて、手続きにかかる時間が2~3か月くらいと短く、費用(※)も最低20万円と費用負担が軽減されます。

(※)実費のことです

しかし、代理人が申立てをすることが条件となっていることが多く、自分で本人申立てをすると、「少額管財事件」になることはありません。

【同時廃止】について

「管財事件」とは違い、財産を持っていない場合は、この「同時廃止」の手続きが行われます。多くの場合は、こちらの手続きとなります。

財産をいろいろ調査しても貸金業者への配当をすることができず、破産費用すら支払うことができない場合に該当します。管財人を選任せずに手続きを進めることになるので、かかる時間が少なく

費用(※)も高くて3万円程度と負担も軽くなります。  (※)実費のことです。

 

自己破産基礎知識

▼電話でのご相談はこちら▼

03-6382-6658

受付時間:10:00~19:00

事務所名:東京国際司法書士事務所

担    当:鈴木(すずき)

Menu

ご連絡先はこちら

債務整理,任意整理,過払い金請求,自己破産など借金問題解決の無料相談は中野債務整理手続きセンターまで
〈サイト運営元〉
東京国際司法書士事務所
東京都中野区中野3-39-9
倉田ビル1階
JR中央線・総武線・東京メトロ東西線 中野駅南口徒歩2分
03-6382−6658
受付時間 10:00~19:00

代表司法書士の鈴木敏弘です。お客様の立場にたって親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。

主な業務地域

中野債務整理手続きセンターでは中野区、杉並区、世田谷区、練馬区など東京23区を中心に東京全域、そして埼玉県、千葉県、神奈川県を含む首都圏や全国どこでも無料相談の対応をいたします。