東京で任意整理・過払い金のご相談なら

中野区、杉並区、世田谷区、練馬区など東京近郊で債務整理なら、東京国際司法書士事務所『中野債務整理手続きセンター』までご相談ください。借金問題の専門家で、今まで5000人以上の相談を受け、解決してきた司法書士が任意整理・過払い金請求・自己破産・個人再生など親切丁寧にご相談承ります。中野区を中心に、杉並区、練馬区、世田谷区など東京都内や全国どこでもお伺いすることも可能です。どうぞお気軽にお問合せください。
(業務エリア 東京の中野区,杉並区,世田谷区,練馬区を中心に全国対応)

相談無料,着手金なし,減額報酬0円

03-6382-6658

債務整理、任意整理、過払い金請求、自己破産などの
借金問題解決の無料相談は中野債務整理手続きセンター
サイト運営元:東京国際司法書士事務所
東京都中野区中野3-39-9 倉田ビル1階
JR中央線・総武線・東京メトロ東西線 中野駅南口徒歩2分
無料相談の受付時間 10:00~19:00
E-mail : info@tokyo-intl.com(24時間受付)

任意売却後にそのまま住み続けられるのか?!

任意売却しても
そのまま住み続ける方法はあるが、
資金面が困難なため現実的には難しい!

任意売却したのに、そのまま住み続けることなんてことができるのでしょうか?

そのような方法はいくつかあります。

任意売却後も住み続けられる例

  • 1
    身内に任意売却して後で買い戻す
  • 2
    身内に競売で落札してもらう
  • 3
    個人再生という手続きをして自宅に住み続ける

しかし、このようなやり方は現実的には難しいかもしれません。

なぜ現実的に難しいかというと、

 

①  身内に任意売却して後で買い戻す場合

身内に任意売却する場合、売買契約上は問題ありません。

しかし、現金一括購入が条件なので資金の工面上問題が発生します。

銀行でローンを組むことはかなり難しく、消費者金融ならローンを組むことは可能ですが、金利が高いのでリスクが大きすぎます。

現金で一括購入となるとかなり難しいです。

 

②  身内に競売で落札してもらう場合

身内に競売で落札してもらう場合、本人以外ならば入札が可能な上、任意売却よりも金額は低く購入ができます。任意売却よりも競売で入札する方法が得策です。

ただし、競売は100%落札できる保証はないのでご注意ください。

上記の①と同様銀行でローンを組むことは難しいので資金の工面は大変です。

 

③  個人再生という手続きをして自宅に住み続ける場合

債務整理の中の一つの方法で、裁判所を通して個人再生という手続きをして自宅に住み続ける方法もあります。住宅ローン以外の借金を整理する手続きです。

住宅ローン以外の借金が最大で8割減ります。

ご自身での手続きは難しいので司法書士や弁護士に依頼するのがベストです。

結論として・・・

任意売却後にそのまま住み続ける方法はありますが、購入資金の工面は困難なので、現実的には難しいかと思います。

自宅に固執してしまいすぎるとその後の生活自体が困難になってしまう可能性が高いので、今後の生活まで視野に入れて生活再建を検討する必要があります。

任意売却についてのお役立ち情報はこちら

▼電話でのご相談はこちら▼

03-6382-6658

受付時間:10:00~19:00

事務所名:東京国際司法書士事務所

担    当:鈴木(すずき)

Menu

ご連絡先はこちら

債務整理,任意整理,過払い金請求,自己破産など借金問題解決の無料相談は中野債務整理手続きセンターまで
〈サイト運営元〉
東京国際司法書士事務所
東京都中野区中野3-39-9
倉田ビル1階
JR中央線・総武線・東京メトロ東西線 中野駅南口徒歩2分
03-6382−6658
受付時間 10:00~19:00

代表司法書士の鈴木敏弘です。お客様の立場にたって親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。

主な業務地域

中野債務整理手続きセンターでは中野区、杉並区、世田谷区、練馬区など東京23区を中心に東京全域、そして埼玉県、千葉県、神奈川県を含む首都圏や全国どこでも無料相談の対応をいたします。