東京で任意整理・過払い金のご相談なら

中野区、杉並区、世田谷区、練馬区など東京近郊で債務整理なら、東京国際司法書士事務所『中野債務整理手続きセンター』までご相談ください。借金問題の専門家で、今まで5000人以上の相談を受け、解決してきた司法書士が任意整理・過払い金請求・自己破産・個人再生など親切丁寧にご相談承ります。中野区を中心に、杉並区、練馬区、世田谷区など東京都内や全国どこでもお伺いすることも可能です。どうぞお気軽にお問合せください。
(業務エリア 東京の中野区,杉並区,世田谷区,練馬区を中心に全国対応)

▼お気軽にお問い合わせください

03-6382-6658

債務整理、任意整理、過払い金請求、自己破産などの
借金問題解決の無料相談は中野債務整理手続きセンター
サイト運営元:東京国際司法書士事務所
東京都中野区中野3-39-9 倉田ビル1階
JR中央線・総武線・東京メトロ東西線 中野駅南口徒歩2分
無料相談の受付時間 10:00~19:00
E-mail : info@tokyo-intl.com(24時間受付)

任意売却とは

任意売却とは、住宅ローンを組んで不動産購入後、その住宅ローンの滞納や返済が困難になってしまった場合に、借主と各金融機関の合意により不動産を売却する手続きのことです。

 

住宅などの不動産購入は、金額が大きいので一括で購入するケースは少なく、大半の方が住宅ローンを組んで金融機関から借り入れをして購入されています。万が一、滞納や返済不能などに陥った場合等の担保として、金融機関が不動産に抵当権を設定しているので、抵当権を解除(登記を抹消)してからでないと不動産を売却することができません

 

本来は抵当権を解除(登記を抹消)するには、金融機関から借り入れた住宅ローンの残高の全額返済が絶対条件です。

仮に、住宅ローンの残高よりも高い金額で売却できれば全額返済となるため解除可能ですが、残高より低い金額で売却となると全額返済ができないため解除不可能です。

 

そこで行うのが、任意売却です。

金融機関など(債権者、抵当権者)に合意を得ることで、ローンの残額が全額返済できていなくても抵当権を解除してもらい不動産を売却することが可能となります。

 

もしも滞納で返済ができなくなった場合、任意売却を行っておかなければ、金融機関によって不動産が差し押さえられ、申し立て後、「競売」にかけられてしまいます。競売によってあなたの不動産が処分される前に、金融機関に相談し任意売却の合意を得たうえで、売却することをお薦めします。

 

実は任意売却は金融機関・借主様双方にメリットがあるのです。

金融機関には「競売よりも、融資金の回収が多く見込める」というメリットがあります。一方、借主には「売却後、ローン残高の返済に柔軟に対応してもらえる」というメリットがあります。

交渉次第では、引越し費用などを負担してもらえるケースや手元にお金を残せる場合もあります。

 

任意売却は、不動産競売のような強制的な手続きではないのですが、支払いが止まってしまえば、遠くない将来に不動産競売は避けられないでしょう。早めに任意売却を進めていくのか、もしくは競売になるまで何もしないのか、どちらがメリットがあるのかはっきりしています。

任意売却のお役立ち情報です

▼▼お電話でのご相談はこちら▼▼

03-6382-6658

受付時間:10:00~19:00

事務所名:東京国際司法書士事務所

担    当:鈴木(すずき)

ご連絡先はこちら

債務整理,任意整理,過払い金請求,自己破産など借金問題解決の無料相談は中野債務整理手続きセンターまで
〈サイト運営元〉
東京国際司法書士事務所
東京都中野区中野3-39-9
倉田ビル1階
JR中央線・総武線・東京メトロ東西線 中野駅南口徒歩2分
03-6382−6658
受付時間 10:00~19:00

代表司法書士の鈴木敏弘です。お客様の立場にたって親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。

主な業務地域

中野債務整理手続きセンターでは中野区、杉並区、世田谷区、練馬区など東京23区を中心に東京全域、そして埼玉県、千葉県、神奈川県を含む首都圏や全国どこでも無料相談の対応をいたします。